生産農家の紹介

三田牛生産農家は、1頭1頭こだわりと愛情をもって育てています。

いのちの「食」訪問

「週刊新潮」連載コラムより

今井 勝

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
出来るだけ牛舎の通気をよくし、扇風機を設置し温度調節をしています。
稲ワラは全て地元三田産を使用しています。
牛にストレスを与えないための取組み
竹ぼうきやグンジキで牛を掻いたり掃除をし、牛にとってのストレスの元を取り除いています。

春日 明子

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
まず、牛舎の環境に気を付け、温度管理(扇風機など)に気をつけています。エサは牛の為にどの時期にどうして与えるか?いつも勉強しています。365日を通じて時間は変わらないように、そして無理をせず、とにかく牛の状態に合わせて愛情を込めて世話をしています。
また早期の病気発見や質の良い牛をどうしたら出荷できるか?エサの量やエサの質をどの時期にを与えればいいのか?そして理想の体重を付けるにはどうしたらいいのか?いつも勉強しています。
牛にストレスを与えないための取組み
子牛からエサを与える時に顔を出すので、素手で顔をなで牛が今どうして欲しいのかを日々考えています。また、時間がある時は背中をブラシでこすっています。

春日 敏和

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
私のこだわりは、とにかく牛にストレスを与えないこと。そして朝、夕のエサの量を原八分目にする事と、粗飼料とのバランスを考えて与えています。
牛にストレスを与えないための取組み
手が空いた時は牛の背中をブラシでこすっています。

春日 柳二

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
牛舎の環境を良くし、扇風機などを使って温度管理に気を付けています。水やエサはもちろん牛の為にどうしたらよいか?いつも勉強しています。無理をせず、とにかく牛にあわせて思いを入れて肥育しています。
またエサの時間は必ず守るようにしています。
導入時から2ヶ月までの早期の病気の発見。
出荷するまで、どの時にエサの量をそして質を変えて体重をのせるかをいつも勉強しています。
牛にストレスを与えないための取組み
子牛の時からエサを与える時に顔を出すので、手で顔をなでるようにしています。
「背中をこすったり」今、牛がどうして欲しいのか?を考え、気付いたら、それをするようにしています。

小林 数馬

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
・牛房の敷材を適量、早目に交換しています。
・導入後初期は、粗飼料を充分に与え、骨腸を丈夫に育てるように気をつけています。
・導入初期は環境が変わるので、個体の健康状態に気を付けると共に、後期はビタミン欠乏症の管理に気を付けています。
牛にストレスを与えないための取組み
快適な環境づくりを目指し、換気扇を設置しインバーターによる風連の加減を四季を通じて行っています。

勢戸 和孝

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
・飲水は天然の地下水。エサはオリジナルブレンドを与えています。
・牛舎の環境・・・牛舎の周りの草刈、衛星管理を定期的に行っています。
・温度管理・・・牛は暑さに弱いので、夏には特に注意してシャワーを浴びさせています。
・事故などでケガをしないように心がけて管理しています。
日々の管理に手を抜かないように心がけ、事故がないようにと思っています。
常に牛とふれあう気持ちです。
牛にストレスを与えないための取組み
ブラシをかけ毛替をさせることによって血行が良くなり、食欲旺盛になるので時間があれば、ブラシをかけるようにしています。
角を除角することによって、傷をつけないようにしています。
また床の管理にも気を付けています。

勢戸 章示

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
三田市の恵まれた環境、ミネラル豊富な井戸水、高度な飼育技術を駆使し、マルセオリジナルの餌を配合して与えています。常に扇風機を回し、空気の入れ替えに心がけ快適な環境の中で食欲増進をはかっています。
2年間をいう長い月日を育てるにあたり、風邪や腹痛などの病気を適確に判断する為、朝晩の健康管理に気を配り、早期発見・早期治療に努めています。
牛にストレスを与えないための取組み
静かな環境の中で、牛に話しかけ愛情を注ぐと共に、牛の体の隅々まで、ブラッシングして血行を良くし、リラックスさせています。

勢戸 雄太

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
エサは独自の配合飼料と地元三田で集めたワラなど数種類の草をやり、飲み水は地下水を飲ませています。牛舎環境は、常に換気扇を回し、アンモニアがこもらないようにしています。
牛も一頭ずつ個体差、強い弱いがあるので、差を少しでもなくしてやることと病気の早期発見・早期治療を心がけています。
牛にストレスを与えないための取組み
牛は寒さに強く、暑さに弱い動物なので、夏場は牛舎内に設置したミストシャワーで牛舎内の温度と牛の体温を少しでも下げ、ストレスを軽減するようにしています。

藤原 文夫

牛にストレスを与えないための取組み
ガンヂキで背中を掻くと良い。

古家後 寛

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
昔から山からの自然浄化水を与えています。
風邪をひかないように風の流れを考え、春夏秋冬に合わせて きれいな空気を吸わせるように工夫しながら換気しています。
牛にストレスを与えないための取組み
足元をできるだけ早く出し、黒毛を汚さないよう、清潔に保てるように心がけています。

前田 太三

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
朝夕のエサは定めた時間に与える。足元の敷料の汚れに注意し、牛体のブラシがけを心がけています。
牛にストレスを与えないための取組み
エサを定めた時間に与えること。ワラを充分に与えること。牛舎の換気・防寒に注意しています。

溝畑 進

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
年間通して扇風機をまわして温度管理をしています。夏には屋根に水をかけていくらか温度が下がるように務めています。水桶は常にきれいに、特に夏はこまめに洗うようにしています。
牛にストレスを与えないための取組み
1週間に2〜3回ブラシかけをして、牛と一緒に一時の時間を共に過ごしています。堆肥を常にしめらさないように外に出しています。

吉本 章

愛情込めて育てている三田牛への私のこだわり
水や粗飼料が変わっても牛が慣れるまで、エサ喰いが悪いので、水・粗飼料が変わる時は気をつけています。
牛にストレスを与えないための取組み
音楽を聞かせています。
  • 有井 吉徳
  • 有坪 民雄
  • 石田 二三夫
  • 植中 嘉樹
  • 梅脇 友幸
  • 岡本 光史
  • 奥出 淳
  • (株)丸優本社
  • 河池 均
  • 木谷 千代一
  • 小中 秀夫
  • 塩崎 保
  • 真造 芳郎
  • 田中 松三
  • (有)西牧場
  • 西 正治
  • 西澤 圭
  • 西 啓之
  • 農事組合法人西神戸但馬牛神戸牛一貫生産組 合森谷牧場
  • 東良 旭殷
  • 東良 元明
  • 松本 一弘
  • 丸優第一畜産センター
  • 美野田 充
  • 美野田 栄子
  • 山田 功
  • 山田 貞夫
  • 吉野 惇

お問い合わせ

三田肉流通振興協議会
神戸市北区長尾町宅原11番地
tel/078-986-2622
fax/078-986-2621